三友写真部 岩手の祭りや四季折々の風景、風物を掲載してます。

金ヶ崎町の風景 要害の雛祭り「大松沢家」「片平丁・旧大沼家」編

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
 

 
 これは大松沢家に飾られていたひな人形の中にありました、福島県三春の張子人形です。
 味わいがありますね。
f0327216_17252389.jpg



 山林奉行を努めていた大松沢家は、建小路にある金ヶ崎要害歴史館の隣になり、板塀で囲まれています。 
f0327216_17455283.jpg



 四脚門(江戸期)をくぐると敷地が広く、西側はエグネ(防風林)に囲まれています。
 現存する建物は、明治期以降の木造二階建てになります。
f0327216_17491996.jpg

 お座敷に上がると、お雛様が階段に飾られています。
 お座敷では食事が出来ますし、ドリンクやスイーツもあります。
f0327216_17260583.jpg
 営業時間は、午前10時から午後3時までとなっていました。
 私は午後3時過ぎに訪ねたにもかかわらず、鍵を開けてくださった「草皆優子様」ありがとうございました。
 せっかく撮らせてもらった「草皆様」の写真、慌ててしまい・・・イエ美しさに驚き手が震えてブレブレとなってしまいました。
 (掲載のお座敷の写真は、翌日再度訪ねた時のものです。)


 


 金ヶ崎要害歴史館駐車場を横切ると片平丁大沼家侍屋敷で、写真右奥の母屋は江戸期からのものだそうです。
 この母屋は侍屋敷でも下級武士の家なので、土間、板の間、座敷一間の構成だそうですだそうです。
 真ん中は馬屋は明治期以降に、左端の厠は平成に建てたもので、この地方によく見られる三ツ家形式だそうです。
f0327216_18211446.jpg

 
 土間玄関を入ると、正面に怖い形相のお面がかけられていました。
 伺うと「釜神」と言い、古来より岩手・宮城の一部地域に伝わってきたもので、家内安全・商売繁盛・開運を祈願してカマドに祀るもので、松島に工房があるそうです。
f0327216_18245704.jpg


 おっとまた横道にそれる前に、雛飾りを撮っておきましょうと思ったら、プロの方が現われて撮影が始まりました。
 しばし眺めて同じアングルで撮ったのですが、はたしてどんなものでしょう。
 もしかしたら、ストーブは入れなかったのかな・・・
f0327216_18335550.jpg


 プロの撮影者は、お雛様が扇をカメラに持ち替えたような真っ白な方でした。
f0327216_18404827.jpg
 プロ撮影者が帰った後なので、お雛様の撮影はブレずに済みました。
 「釜神」など詳しくご説明くださった方、ありがとうございました。
 
 2月24日~3月5日まで開催されている「金ヶ崎要害雛祭り」では、8か所でスタンプラリーをしています。
 残りは次回とします。



 華やぐ雛を見ていると「ほっ」と癒されます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ




Commented by ei5184 at 2017-03-02 19:29
ひな人形、地方によって色々ありますね~
楽しく拝見出来ました!
今年は体調不良のため外出を控えて、結局何処のひな人形も撮る事が出来ませんでした(泣)
Commented by bbex162546 at 2017-03-06 07:56
eiさん、あちこちのひな祭りに出かけ、返信が遅くなりました。
ご体調崩されてる様ですが、大丈夫でしょうか。

でも左義長祭りなど、楽しく祭りつい期待してしまいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by bbex162546 | 2017-03-02 19:06 | Comments(2)