北上市の風景 オリンピック・パラリンピックフラックが展示されている北上市「さくらホール」

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
 北上市文化交流センター「さくらホール」で、3月21日からオリンピックフラッグ・パラリンピックフラッグの展示が始まりました。
 こちらは八王子のシルク生地で織られたレプリカだそうで、岩手県内では2月17日大槌町から始まり他3か所を回ったフラッグツアー、北上市で3月26日まで展示した後陸前高田で行われます。
f0327216_18523304.jpg


 春空になり切れぬ「さくらホール」に、出かけてきました。
f0327216_19540653.jpg
 
 

 フラッグは、ホール正面左に展示されています。
f0327216_19052883.jpg


 展示フラッグ撮影後、2Fに上がりました。
 正面階段を上り右手にはミュージックルームがあり、ガラス越しに巨大な絵を見ることができます。
f0327216_19055443.jpg

 

 
 「牛群」と題された、深沢省三の作品です。 👉妻深沢紅子 👉野の花美術館
 
 昭和39年北上市民会館落成記念として制作された壁画で、平成15年に新しい「さくらホール」に移転するにあたり解体の危機にありました。
 しかし北上市在住の深沢省三の教え子たちによる存続運動により、現在のホールに修復移転されました。

 


 多種の牛達がジャレ踊ってるようにも見えるこの作品は、高村光太郎の詩「岩手の人」のなかで「岩手の人沈深牛の如し・・・地を往きて走らず、企てて草卒ならず、つひにその成すべきを成す。」と表現したものを思い描いたものと言われます。

 
 
 高村光太郎は昭和23年の岩手県立美術工芸学校の設立に寄せた祝辞の中で「岩手県は美の宝庫のようなところであると小生は考えております。」と述べております。
 この時代をともにしたのは、美術評論家「森口多里」・「深沢省三・紅子夫妻」・「船越保武」・「堀江赳」らでした。

f0327216_21370879.jpg
高村光太郎山荘案内板より

 美の宝庫岩手の大作に出会える、北上市「さくらホール」からでした。


 


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by bbex162546 | 2017-03-23 21:42 | 風景 | Comments(0)

岩手の祭りや四季折々の風景、風物を掲載してます。


by 三友写真部
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31