花の風景 みちのくあじさい園

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
 一関市舞川の「みちのくあじさい園」で、あじさい祭り(6月24日~7月25日まで)が始まったということで行ってまいりました。
 
 15ヘクタール(東京ドーム3個分)の杉林に、500種6万株のあじさいが植えられているということです。
 入園料は通常800円のところ、今は早咲き種のみなので500円ということでした。

 さて遊歩道は約2kmに渡るのですが、何れのコースから回ろうかとマップ(下図)を見ました。
 まだ早咲きの山あじさいが咲き始めたところというので、「紫陽花山荘」から喫茶「蔵」を回ることにしました。

 「紫陽花山荘」を左に折れて坂道を下りますが、この辺はまだこれからです。
 果たして早かったかと思いつつ分岐を右に進むと、鮮やかな紫の縁取りの「ミカコ」さんが迎えてくれます。
f0327216_01241475.jpg



 さらに進むと斜面一面に広がる小さな青紫、何とはなしに勿忘草を想像していたら、「七段花と言うんですよ可憐ですね。」と通りかがりの方が教えてくれました。
  
f0327216_00011221.jpg
 「七段花」は、江戸時代にシーボルトが「日本植物誌」で日本の紫陽花として紹介していましたが、明治以降その所在が確認されずにいました。
 昭和34年神戸六甲山で発見されるまで、130年間「幻の名花」とされていいたそうです。

 小さな萼の重なりはハデではないけれど、とてもチャーミングでいとおしく感じます。
f0327216_00003749.jpg
 

 まだまだこれからですが、喫茶「蔵」付近は額あじさいが少しばかり開いています。
 乙女の髪飾りにしたくなるような、オオベニあじさい。
f0327216_02125223.jpg

 こちらは、まるでティアラのようです。
 
f0327216_13502203.jpg

 きっと、あの娘に似合うはずなんて思ってしまいます。

 500種6万株を見るには何回通えばいいだろう、できたら「みちのくあじさい園」も回数券かパスポートが欲しい。
 この記事が目に留まり、御一考頂けたらうれしいことです。




みちのくあじさい園マップ
今日のコース
f0327216_00470039.jpg


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by bbex162546 | 2016-06-26 02:45 | | Comments(0)

岩手の祭りや四季折々の風景、風物などを掲載してます。


by 三友写真部
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31