平泉の風景 毛越寺曲水の宴 装束説明編 (#平泉 #毛越寺 #曲水の宴)

にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ
 毎年5月第4日曜日は、毛越寺曲水の宴が行われています。
 勝手のわからぬ初めての見学ですので、粗筋を追いかけてみようと思います。

 相変わらず遅れ気味の出だしで本堂参拝には間に合わず、対岸へ向かう直前に到着しました。
f0327216_20265575.jpg



 

 ホストの僧と講師、そして十二単と童子が大泉ヶ池を渡ります。
f0327216_20280374.jpg


 次に歌人が3名づつ二艘に分乗して、対岸に到着しました。
f0327216_20355041.jpg


 遣水の有る会場へ、まずは楽人(東京・小野雅楽会)が入場します。
f0327216_20370870.jpg


 着座し雅楽が始まると、僧・講師・歌人の入場となります。
f0327216_20453643.jpg


 最後に歌題披露役の、十二単が入場してきます。
f0327216_20470599.jpg


 一旦着座後、装束の説明が始まります。
 歌題披露役は奥州市の小野寺利菜様、十二単は20㎏を超えるそうです。
f0327216_20483486.jpg



 僧の隣から、宮中歌会始披講会会員 近衛忠大氏 装束は衣冠、その隣が 同じく 久邇朝俊氏 装束は衣冠 
f0327216_20511899.jpg



 歌人の紹介に入りました。
 最初の二人は位置的に撮れませんでしたので後ほどとして、三人目の紹介から
 
 歌人 古舘 千代志氏 装束 狩衣(かりぎぬ)
f0327216_20585664.jpg




 歌人 中里茉莉子氏 装束 袿(うちぎ)
f0327216_21011728.jpg



 歌人 木立 徹氏 装束 衣冠(いかん) 
 いかん・・・木立の隙間からの撮影になりました^^; 
f0327216_21045268.jpg



 現在岩手日報に「柳は萌ゆる」を掲載中の作家で歌人でもある 平谷美樹氏 装束 衣冠
 衣紋方は、京都黒田装束店によるそうです。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by bbex162546 | 2017-05-28 22:30 | 祭り | Comments(0)

岩手の祭りや四季折々の風景、風物などを掲載してます。


by 三友写真部
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30